MFクラウド会計の会計データをインポートする方法|全力法人税

マネーフォワードの提供するMFクラウド会計の会計データを全力法人税へインポート(移行)する方法を解説します。

インポートした会計データを元に効率的に法人税の申告書類を作成することができるようになります。

MFクラウド会計から全力法人税へ移行させることができるデータは、「勘定科目一覧表」、「仕訳日記帳」と「固定資産管理」の3種類です。

仕訳データのインポート(取り込み)

データの移行作業は次の流れで行っていきます。

MFクラウド会計からデータをエクスポート(取り出し)する

エクスポートしたデータを全力法人税へインポート(取り込み)する

MFクラウド会計の場合は、仕訳帳データをすべて完全な状態で移行させるためには「勘定科目」、「仕訳日記帳」の2種類のデータを取り込む必要があります。

勘定科目データの取り込みの有無を決定

2種類のデータを取り込む必要があると言いましたが、勘定科目データのインポートを行わない方法も選択可能です。

勘定科目データを取り込むことの意味は、勘定科目データを取り込むことで全力法人税でお使いの会計ソフトで作成する決算書とまったく同じ決算書を作成することができるようになるというところにあります。(勘定科目データをインポートしない場合には、仕訳帳データをインポートする際に、全力法人税のデフォルトの勘定科目以外の勘定科目を使用している場合、その勘定科目は全力法人税の勘定科目に変換する必要があるため、勘定科目が会計ソフトが作成する決算書と変わってしまう可能性があります。)

お使いの会計ソフトで決算書を出力できるにもかかわらず、決算書を作成する意味がどこにあるかというと、全力法人税で作成した申告書を電子申告することができますが、電子申告する場合には併せて決算書を添付して電子送信する必要があります。この決算書を添付するためには、全力法人税で決算書を作成する必要があるのです。

電子申告をするつもりがなく、ご自身で決算書を用意する場合には、勘定科目データをインポートせずに申告書類を作成することが可能です。

会計データをインポートする前に、勘定科目データを取り込むかどうかを決めてください。取り込む場合は、以下の操作を続けていただき、取り込まない場合は、「仕訳帳データを取り込み」へジャンプしてください。

勘定科目データの取り込み

MFクラウド会計で使用している勘定科目データを全力法人税に取り込む方法を解説していきます。

まずMFクラウド会計から勘定科目データをエクスポートします。

1 勘定科目データをエクスポート

⑴ 勘定科目画面を開く

メニューバー「各種設定」>「勘定科目」をクリックすると勘定科目の設定画面が開きます。

勘定科目画面表示

⑵ 勘定科目データのエクスポート

勘定科目の設定画面が開いたら「エクスポート」をクリックします。

エクスポートボタン

Excel用(Shift-JIS)にチェックを付し、「エクスポート」をクリックします。

Shift-JIS選択

これで勘定科目データがご使用中の端末にダウンロードされます。

2 勘定科目データのインポート

続いてエクスポートした勘定科目データを全力法人税にインポートしていきます。

勘定科目データのインポート方法

⑴ 勘定科目データのアップロード

まず、メニューバー「インポートΒ」>「会計データ取込」画面を表示します。

インポート画面

❶ 「① 勘定科目データインポート」タブをクリックする

❷ 選択肢(ラジオボタン)から「MFクラウド会計」を選択する

❸ 「csv形式またはtxt形式のファイルをドラッグ&ドロップまたはクリックしてファイルを選択してください。」の箇所に前述の「1 勘定科目データをエクスポート」でエクスポートしたファイルを説明文どおりにドラッグ&ドロップ等してアップロードする

❹ 「取り込み開始」ボタンをクリックする

⑵ 正常に取り込みが行われた場合

正常に読み込みが行われた場合には、次の画面が表示されるので「登録する」ボタンを押し、登録が完了します。

正常に取込み

⑶ 不明な勘定科目がある場合

独自に設定した勘定科目(MFクラウド会計のデフォルトの設定に追加した勘定科目)がある場合には、取り込みエラーとなり、次の画面が表示されます。

不明な勘定科目

不明な勘定科目を全力法人税の勘定科目一覧に登録するために、「分類設定」の選択肢から「不明な勘定科目」に挙げらている勘定科目に対応する分類を選択します。

⑷ 不明な税区分がある場合

独自に設定した税区分(MFクラウド会計のデフォルトの設定に追加した税区分)がある場合には、取り込みエラーとなり、次の画面が表示されます。

不明な税区分

不明な税区分に対応するものを「変換する税区分」の選択肢から選択します。

⑶と⑷で選択肢からすべてを選択し終わったら、画面最下部の「登録する」ボタンを押すと取り込みが完了します。

⑸ 取込み結果の確認

取り込みが完了したら、「勘定科目一覧を確認する」ボタンを押して取り込み結果を確認します。

取込完了

勘定科目一覧表を確認

登録内容された内容とMFクラウド会計の「勘定科目」画面の内容と一致していることを確認し、問題がなければ「戻る」ボタンを押します。

※ 全力法人税のデフォルトの勘定科目以外がインポートされた場合にのみ「編集」ボタンが表示され、勘定科目の小分類のみ編集することができます。

勘定科目データのインポートをやり直す場合

勘定科目データのインポートをやり直す場合は、前述の勘定科目データのインポート方法と同じ操作をすることで、勘定科目データが上書き登録されます。

勘定科目データを削除する方法

勘定科目データを使わない方法に変更するなどの理由で取り込み済みの勘定科目データを削除したい場合は、「① 勘定科目データインポート」タブを開き、「取り込みデータ一括削除」ボタンを押します。

勘定科目一括削除画面

仕訳帳データの取り込み

次に日々の仕訳の記録である仕訳帳のデータをMFクラウド会計から全力法人税へ移行させます。

(勘定科目一覧データをインポートしない場合は、ここから操作を始めます。)

まずは、MFクラウド会計から仕訳帳データをエクスポートしていきます。

1 仕訳帳データのエクスポート

消費税について税抜経理方式※を選択している場合は事前に次の設定を行ってください。(税込経理方式の場合は、次の「エクスポート作業の開始」へ進んでください。)

①メニューバーの「各種設定」をクリック

②「消費税」の「経理方式」→「税抜(内税)」を選択する

http://japanex.jp/book/wp-content/uploads/2016/06/MFクラウド会計画面1

※注意:免税事業者(消費税を納める義務がない法人)は税込経理方式です。

2 エクスポート作業の開始

まず、開始残高を含む仕訳帳データのすべてをMFクラウド会計からエクスポートします。

⑴ メニューから「各種設定」→「他社ソフトデータの移行」を選択する

MFクラウド会計画面2

⑵ 「弥生会計」ボタンを押す

MFクラウド会計画面3

⑶ 「エクスポート」ボタンを押す

MFクラウド会計画面4

⑷ 出力形式等の設定

形式指定

❶ 書式を「汎用形式」選択

❷ 「開始日」に事業年度開始日を「終了日」に事業年度終了日を入力(通常表示されている)

❸ 勘定科目を「全て」選択(通常選択されている)

❹ 「開始仕訳もエクスポート対象に含める」にチェック

❺ 「未実現仕訳もエクスポート対象に含める」のチェックを外す

❻ 「エクスポート」ボタンを押す

この部分の操作を誤ると正しくインポートが行われませんので、よくよく上記設定を確認してください。

⑸ 「ダウンロード」ボタンを押す

次の画面(メニューバー「その他業務」>「ストレージ」)に自動的に遷移します。

MFクラウド会計画面6

処理が終わったら「エクスポート」ボタンを押して、端末にダウンロードします。

これで仕訳日記帳のデータのエクポートが完了しました。続いて、エクスポートしたデータを全力法人税にインポートします。

仕訳データのインポート

⑴ 仕訳日記帳データのアップロード

メニューバー「インポートβ」>「会計データ取込」画面を表示します。

仕訳帳インポート画面

❶ 「② 仕訳データインポート」タブをクリックする

❷ 「MFクラウド」にチェックを入れる

❸ 「仕訳ファイルの取り込み」ボックスの「csv形式またはtxt形式のファイルをドラッグ&ドロップまたはクリックしてファイルを選択してください。」の箇所に前述の「1仕訳帳データのエクスポート」ダウンロードしたファイルを説明文どおりにドラッグ&ドロップ等してアップロードする

❹ 「取り込み開始」ボタンをクリックする

⑵ 正常に取り込まれると次の画面が表示されますので「登録する」ボタンを押してください。

仕訳帳取り込み完了

⑶ 【勘定科目データをインポートしていない場合のみの操作】⑴の後、次のエラーが発生した場合には、メッセージのとおり対応する勘定科目または税区分を選択し、「登録する」ボタンを押してください。

データ取込

「不明な勘定科目」として挙がった勘定科目に近い科目を「変換する勘定科目」から選択してください。

「税区分」についても、同じものだと思われるものを「変換する税区分」から選択してください。

MFクラウド会計で独自の勘定科目を設定したときなどで全力法人税の勘定科目にない勘定科目がインポートされた場合にこのエラーが発生します。

どのように変換していいかわからない場合は、次の記事をご参照ください。

不明な勘定科目を変換するときのコツ

※ この画面は勘定科目データをインポートしている場合にはエラーとなることはありませんので、表示されることはありません。

インポート結果と会計ソフトの内容との一致を確認する

会計データのインポートが完了したら、

必ず全力法人税の残高試算表とMFクラウド会計から出力した残高試算表または決算書の内容が一致していることを確認してください。

全力法人税の残高試算表を確認する

「残高試算表を確認する」ボタンからインポート結果を必ずご確認ください。

残高試算表確認

または、メニューバー「インポートΒ」>「残高試算表」をクリックすることで確認できます。

残高試算表 貸借対照表

全力法人税の残高試算表とMFクラウド会計から出力した残高試算表または決算書の内容が一致するまで先に進まないようにしてください。両者が一致していないと正しい申告書を作成することができません。

会計データのインポートをやり直す方法

MFクラウド会計の仕訳帳を編集したなどの理由で会計データのインポートをやり直す場合は、次の点に注意してください。

取り込み済みデータの削除

次の方法で、取り込み済みのデータを削除してから前述のインポート作業をやり直してください。

インポートデータ削除

❶ 「② 仕訳データインポート」タブをクリックする

❷ 「取り込みデータ一括削除」ボタンを押す

未払法人税等の仕訳の削除

全力法人税の操作終盤の画面であるメニューバー「申告書」>「法人税等に関する仕訳の表示」画面の未払法人税等をMFクラウド会計の仕訳日記帳に登録している場合は、その仕訳をMFクラウド会計の仕訳日記帳から一旦削除してから、前述のインポート作業をやり直してください。

未払法人税等の仕訳

(「法人税等に関する仕訳の表示」画面)

未払法人税等の仕訳をMFクラウド会計の仕訳日記帳に登録していなければ、この操作は不要です。

固定資産データのインポート

続いて固定資産を保有している場合は減価償却に関する申告書を作成するために、MFクラウド会計の固定資産台帳のデータを全力法人税へインポートする必要があります。

固定資産データをエクスポート

1 メニューバーの「決算・申告」→「固定資産台帳」を選択

MFクラウド会計画面7

2 「ダウンロード」→「CSV出力」ボタンを押す

MFクラウド会計画面8

3 「ダウンロード」ボタンを押す

MFクラウド会計画面10

これで固定資産データをエクスポートすることができました。引き続き、全力法人税へエクスポートしたデータをインポートします。

全力法人税へ固定資産台帳データをインポート

全力法人税のインポート画面(メニューバー「インポートβ」>「会計データ取込」)を開きます。

1 固定資産台帳データをアップロード

固定資産インポート画面

❶ 「③ 固定資産データインポート」タブをクリックする

❷ 「MFクラウド」を選択する

❸ 「csv形式またはtxt形式のファイルをドラッグ&ドロップまたはクリックしてファイルを選択してください。」にエクスポートした固定資産台帳ファイルをメッセージのとおりドラッグ&ドロップ等してアップロードする

❹ 「取り込み開始」ボタンをクリックする

2 正常に読み込まれると次の画面が表示されるので「登録する」ボタンを押してください。

スクリーンショット 2016-06-22 8.15.32

3 不明な勘定科目の変換

固定資産台帳データの中に、全力法人税に登録されている勘定科目(固定資産と繰延資産)以外の科目がインポートされた場合、次のエラー画面が表示されます。

「不明な勘定科目」として挙がった勘定科目に近い科目を「変換する勘定科目」から選択してください。

固定資産台帳不明な科目

❶ 変換する勘定科目を選択する

❷ 「登録する」をクリックする

この変換作業で不明な勘定科目として挙がった勘定科目は、「変換する勘定科目」で指定した勘定科目に変換されて登録されます。

これで、固定資産に関するデータの取り込みが完了しました。

メニューバーの「固定資産台帳」>「固定資産台帳」画面で取り込んだデータの内容を必ず確認してください。

以上でMFクラウド会計から全力法人税へのデータ移行作業はすべて完了です。

プログラムたち
プログラムたち
プログラムたち
プログラムたち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加