あらゆる会計ソフトの会計データをインポートする方法|全力法人税

全力法人税では、法人税の確定申告書類一式を作成するにあたり、その支援機能としてFreee、MFクラウド会計、弥生会計、弥生オンラインという4つの会計ソフトの会計データをインポートしてより効率よく作業ができるようになっています。

その他にも、全力法人税では、他の会計データをインポートするための様式を用意しています。その様式に合わせてお使いの会計ソフトの会計データを整形することで、前述の4つの会計ソフト以外でもその会計データを全力法人税にインポートすることができるようになります。

ここでは、その様式の提供と会計ソフトのデータをインポートする方法を解説していきます。

なお、会計データを整形するために、所定の形に整形できるEXCEL等の表計算ソフトが必須になります。

仕訳データのインポート(取り込み)の概要

データの移行作業は次の流れで行っていきます。

お使いの会計ソフトから会計データをエクスポート(取り出し)する

エクスポートした会計データを全力法人税の様式に整形する

整形したデータを全力法人税へインポート(取り込み)する

全力法人税では、仕訳帳データをすべて完全な状態で移行させるために「勘定科目」、「仕訳帳」、「開始残高」の3種類のデータを取り込むことができるようになっています。

勘定科目データの取り込みの有無を決定

全力法人税では、勘定科目データをインポートする方法としない方法の2つの方法で会計データをインポートすることができます。

ここでいう勘定科目データとは、お使いの会計ソフトに登録されている勘定科目データのすべてを指しています。

仕訳日記帳に仕訳を登録する際に、売上高や現金といった「勘定科目」を選択するかと思いますが、その勘定科目は会計ソフトに登録されている勘定科目から選択することになります。

一般的な会計ソフトでは使いたい勘定科目がなければ、勘定科目の設定から独自に勘定科目を追加することができるかと思います。

なぜ勘定科目をインポートする方法としない方法の2つがあるかというと、全力法人税では、勘定科目データを取り込むことでお使いの会計ソフトで作成する決算書とまったく同じ決算書を全力法人税で作成することができるようになるというところにあります。

勘定科目データをインポートしない場合には、仕訳帳データをインポートする際に、全力法人税に登録されていない勘定科目が使用されている場合、全力法人税に登録されているデフォルトの勘定科目に変換するよう求められます。そのため、会計ソフトで作成する決算書と全力法人税が作成する決算書でその変換した分の勘定科目が異なったものとなってしまいます。

お使いの会計ソフトで決算書を出力できるにもかかわらず、全力法人税で決算書を改めて作成する意味がどこにあるかというと、全力法人税では、作成した申告書を電子申告することができますが、電子申告する場合は併せて決算書を添付して電子送信する必要があります。この決算書を添付するためには、全力法人税で決算書を作成する必要があるのです。

電子申告をするつもりがなく、ご自身で決算書を用意する場合には、勘定科目データをインポートしないという方法を取ることができます。勘定科目データをインポートする必要がないので、その分作業が早くなる可能性があります。

理由を長々述べましたが、勘定科目データをインポートするかどうかの判断は、電子申告する場合は、勘定科目インポートをする。電子申告しない場合は、勘定科目インポートを行わない。という大雑把な分け方で理解するのが簡単かと思います。

以上の理由を斟酌して会計データのインポート作業に移る前に、勘定科目データを取り込むかどうかをまずは決めてください。

取り込む場合は、以下の操作を続けていただき、取り込まない場合は、「仕訳帳データを取り込み」へジャンプしてください。

勘定科目データの取り込み

お使いの会計ソフトに勘定科目データをエクスポートする機能があり、かつ勘定科目データをインポートする場合は、会計ソフトから勘定科目データをエクスポートします。

お使いの会計ソフトのマニュアルを参照する等の方法で、勘定科目データをエクスポートしてください。

ここでは、「ツカエル会計オンライン(以下「ツカエル会計」といいます。)」を例にして解説していきます。

1 勘定科目データをエクスポート

⑴ 「勘定科目の設定」画面を開く

お使いの会計ソフトの勘定科目を追加、編集できる画面を開きます。

ツカエル会計の場合は、「科目設定」という画面があります。

科目設定

⑵ 勘定科目データのエクスポート

勘定科目データをcsv形式またはtxt形式で勘定科目データをエクスポートします。

ツカエル会計では次のようにエクスポートします。

科目設定エクスポート

(「プレビュー」横の「▼」をクリック>「エクスポート」をクリック)

文字コード(エンコード)は、「Shift-JIS」を指定してください。

文字コードが「Shift-JIS」でない場合は、文字化けを起こしインポートできなくなります。

文字コード

勘定科目データがエクスポートできたらそれを全力法人税に取り込める形式に整形していきます。

2 勘定科目データの整形

⑴ 全力法人税指定の様式をダウンロード

まず、全力法人税用の勘定科目をインポートできる様式を入手します。

次のファイルをダウンロードします。

⑵ EXCELでファイルを整形します。

① EXCELでダウンロードした全力法人税の様式を開きます。

汎用勘定科目一覧表

A〜F列のセルには次のとおりに値を入れることになります。

A列 勘定科目 勘定科目名のみを入れる。
B列 決算書科目 決算書に表示される科目名を入れる。例)勘定科目:現金→決算書科目:現金及び預金
C列 分類 「現金及び預金」「売上債権」「棚卸資産」等の細かい勘定科目の分類を入れる。
D列 税区分 対象外や課税売上等の勘定科目に紐づいている消費税の区分を入れる。
E列 ローマ字 検索で使われるローマ字を入れる。空欄でも問題なし。
F列 検索キー 検索で使われる数字を入れる。空欄でも問題なし。

② 会計ソフトからエクスポートした勘定科目データをEXCELで開きます。

ツカエル会計は次のような形式で出力されます。

ツカエル会計勘定科目

③ ②のファイルを①の指定するとおりに整形します。

②のファイルを①のファイルに合わせて列を削除したり列を移動するなどして整形し、それが完了したら全データをコピーし、①のファイルにペーストするという方法が効率的と思われます。

ツカエル会計のファイルを例に整形していきます。

ツカエル会計データ①

(整形前「ツカエル会計」ファイル)

整形データ①

(整形後「全力法人税」用ファイル)

「財務諸表名」「補助科目数」「貸借」の列はいりません。

A列には勘定科目名のみが入りますので、それ以外の「【現金・預金】」「現金・預金合計」などの余計な行は削除します。

ツカエル会計には「決算書科目」というものがありませんので、決算書に表示させたい科目名を入れていきます。多くは、決算書科目名は勘定科目名と同じものが使われます。現金や預金は通常「現金及び預金」にまとめられます。

「分類」は、【 】でくくられている部分で表現されていますので、基本的にはそれをコピーペーストしていきます。

同じ要領で整形していきます。

参考までにすべての科目について、どのように整形するかを以下に紹介します。

【売上債権】

ツカエル会計売上債権

(整形前「ツカエル会計」ファイル)

整形②

(整形後「全力法人税」用ファイル)

【有価証券・棚卸資産】

ツカエル会計データ③

(整形前「ツカエル会計」ファイル)

整形データ3

(整形後「全力法人税」用ファイル)

【その他流動資産】

ツカエル会計データ22

(整形前「ツカエル会計」ファイル)

整形データ4

(整形後「全力法人税」用ファイル)

【有形固定資産】

ツカエル会計データ⑤

(整形前「ツカエル会計」ファイル)

整形データ5

(整形後「全力法人税」用ファイル)

【無形固定資産】

ツカエル会計データ⑥

(整形前「ツカエル会計」ファイル)

整形データ6

(整形後「全力法人税」用ファイル)

【投資その他の資産】

ツカエル会計データ⑥

(整形前「ツカエル会計」ファイル)

整形データ7

(整形後「全力法人税」用ファイル)

「投資その他」という言葉は一般的でないので、「投資その他の資産」に変更しました。

【繰延資産・その他】

ツカエル会計データ⑦

(整形前「ツカエル会計」ファイル)

整形データ8

(整形後「全力法人税」用ファイル)

【仕入債務】

ツカエル会計データ⑧

(整形前「ツカエル会計」ファイル)

整形データ9

(整形後「全力法人税」用ファイル)

【その他流動資産】

ツカエル会計データ⑨

(整形前「ツカエル会計」ファイル)

整形データ10

(整形後「全力法人税」用ファイル)

【固定負債】

ツカエル会計データ⑩

(整形前「ツカエル会計」ファイル)

整形データ11

(整形後「全力法人税」用ファイル)

【資本金・資本剰余金】

ツカエル会計データ11

(整形前「ツカエル会計」ファイル)

整形データ12

(整形後「全力法人税」用ファイル)

【利益剰余金】

ツカエル会計データ12

(整形前「ツカエル会計」ファイル)

整形データ13

(整形後「全力法人税」用ファイル)

【自己株式等その他資本取引】

ツカエル会計データ13

(整形前「ツカエル会計」ファイル)

整形後勘定科目

(整形後「全力法人税」用ファイル)

【売上高】

ツカエル会計データ14

(整形前「ツカエル会計」ファイル)

整形データ15

(整形後「全力法人税」用ファイル)

【売上原価】

ツカエル会計データ15

(整形前「ツカエル会計」ファイル)

整形データ16

(整形後「全力法人税」用ファイル)

【販売費及び一般管理費】

ツカエル会計データ16

(整形前「ツカエル会計」ファイル)

整形データ17

(整形後「全力法人税」用ファイル)

【営業外収益】

ツカエル会計データ17

(整形前「ツカエル会計」ファイル)

整形データ18

(整形後「全力法人税」用ファイル)

【営業外費用】

ツカエル会計データ18

(整形前「ツカエル会計」ファイル)

整形データ19

(整形後「全力法人税」用ファイル)

【特別利益】

ツカエル会計データ19

(整形前「ツカエル会計」ファイル)

整形データ20

(整形後「全力法人税」用ファイル)

【特別損失】

ツカエル会計データ20

(整形前「ツカエル会計」ファイル)

整形データ21

(整形後「全力法人税」用ファイル)

【法人税等】ツカエル会計データ21

(整形前「ツカエル会計」ファイル)

整形データ22

(整形後「全力法人税」用ファイル)

3 勘定科目データのインポート

続いて整形した勘定科目データを全力法人税にインポートしていきます。

勘定科目データのインポート方法

⑴ 勘定科目データのアップロード

まず、メニューバー「インポートΒ」>「会計データ取込」画面を開きます。

勘定科目インポート画面(汎用)

❶ 「① 勘定科目データインポート」タブをクリックする

❷ 選択肢(ラジオボタン)から「汎用形式」を選択する

❸ 「csv形式またはtxt形式のファイルをドラッグ&ドロップまたはクリックしてファイルを選択してください。」の箇所に前述の「2 勘定科目データの整形」で汎用形式に整形したファイルを説明文どおりにドラッグ&ドロップ等してアップロードする

❹ 「取り込み開始」ボタンをクリックする

⑵ 正常に取り込みが行われた場合

正常に読み込みが行われた場合には、次の画面が表示されるので「登録する」ボタンを押し、登録が完了します。

正常に取込み

⑶ 不明な勘定科目がある場合

全力法人税に取り込めなかった勘定科目がある場合には、取り込みエラーとなり、次の画面が表示されます。

不明な勘定科目エラー画面

不明な勘定科目を全力法人税の勘定科目一覧に登録するために、「分類設定」の選択肢から「不明な勘定科目」に挙げらている勘定科目に対応する分類を選択します。

「不明な勘定科目」に挙げられている勘定科目を仕訳日記帳で使っていないという場合は、「取り込まない」を選択しても支障はありません。

⑷ 不明な税区分がある場合

全力法人税にそのままでは取り込めない税区分がある場合には、取り込みエラーとなり、次の画面が表示されます。

不明な税区分変換画面

不明な税区分に対応するものを「変換する税区分」の選択肢から選択します。

⑶と⑷で選択肢からすべてを選択し終わったら、画面最下部の「登録する」ボタンを押すと取り込みが完了します。

⑸ 取込み結果の確認

取り込みが完了したら、「勘定科目一覧を確認する」ボタンを押して取り込み結果を確認します。

取込完了

勘定科目取り込み結果画面

登録内容された内容とお使いの会計ソフトの勘定科目に関する設定画面の内容と一致していることを確認し、問題がなければ「戻る」ボタンを押します。

※ 全力法人税のデフォルトの勘定科目以外がインポートされた場合にのみ「編集」ボタンが表示され、勘定科目の小分類のみ編集することができます。

勘定科目データのインポートをやり直す場合

勘定科目データのインポートをやり直す場合は、前述の勘定科目データのインポート方法と同じ操作をすることで、勘定科目データが上書き登録されます。

勘定科目データを削除する方法

勘定科目データを使わない方法に変更するなどの理由で取り込み済みの勘定科目データを削除したい場合は、「① 勘定科目データインポート」タブを開き、「取り込みデータ一括削除」ボタンを押します。

勘定科目一括削除画面

仕訳日記帳データがインポートされた状態で、勘定科目データを削除しようとするとエラーになりますので、その場合は、先に仕訳日記帳データを削除してから勘定科目データの削除を行なってください。

仕訳帳データの取り込み

お使いの会計ソフトの仕訳日記帳の内容を全力法人税へ移行させていきます。

まずお使いの会計ソフトの仕訳日記帳のすべてのデータをエクスポートする方法としてその会計ソフトの機能によって次の2つのパターンが考えられます。

  • 仕訳帳データのみのエクスポートでよい
  • 仕訳帳データと開始残高データの両方のエクスポートが必要

開始残高データ(前期末から繰り越した各勘定科目の残高)が仕訳帳データをエクスポートしたときにそのファイルに含まれていれば「仕訳帳データのみのエクスポートでよい」に当てはまり、開始残高データが仕訳帳データに含まれておらず、別途開始残高データをエクスポートする必要がある場合は、「仕訳帳データと開始残高データの両方のエクスポートが必要」に当てはまります。

お使いの会計ソフトがどちらのパターンかを確認してください。

確認の方法としては、以下の2つの方法が考えられます。

⑴ お使いの会計ソフトの会計データのエクスポートに関するマニュアルを確認する

⑵ エクスポートしたファイルを直接開き、開始残高が含まれているか確認する

⑵の方法をとる場合は、csv形式にしてexcel等の表計算ソフトで開くと確認がしやすいです。

エクスポートした仕訳帳ファイルをcsv形式にしてEXCELで確認してみて、次のような内容だったとします。

ツカエル会計開始残高

事業年度開始年月日の日付の仕訳を探すと、次のように開始残高データが含まれていることがわかるため「仕訳帳データのみのエクスポートでよい」に当てはまることがわかります。

「仕訳帳データのみのエクスポートでよい」場合は、次の「1 仕訳日記帳データのエクスポート」〜「3 仕訳日記帳データのインポート」までの操作だけでよく、「仕訳帳データと開始残高データの両方のエクスポートが必要」の場合は、「4 開始残高データのエクスポート」から「6 開始残高データのインポート」までの操作が必要になります。

それでは、仕訳日記帳データのエクスポートから始めていきます。

1 仕訳日記帳データのエクスポート

お使いの会計ソフトからマニュアルを参照するなどして仕訳日記帳データをエクスポートしてください。

txt形式またはcsv形式で、文字コード(エンコード)は「Shift-JIS」である必要があります。

補助科目を含めるかなど、エクスポートする項目を選択できる場合は、基本的にはすべて出力するようにしておくのがよいと思います。

ツカエル会計を例にすると「データ連携」>「仕訳書出」画面からエクスポートできます。

ツカエル会計データ連携メニュー

仕訳帳データをエクスポートすることができたら、次はエクスポートしたファイルを全力法人税に取り込める形に整形して行きます。

2 仕訳帳データの整形

仕訳日記帳データを整形する手順

⑴ 全力法人税指定の様式をダウンロード

全力法人税へインポートできる様式を入手します。

次のファイルをダウンロードしてください。

⑵ EXCELでファイルを整形します。

① EXCELでダウンロードした全力法人税の様式を開きます。

全力法人税仕訳日記帳汎用様式

1行目の「日付」「伝票No.」等の表題部分は削除しないようにしてください。

② 会計ソフトからエクスポートした仕訳日記帳データをEXCELで開きます。

仕訳日記帳整形前

(ツカエル会計を弥生会計形式で出力した場合)

③ ②のファイルを①の指定するとおりに整形します。

②のファイルを①のファイルに合わせて列を削除したり、列を移動するなどして整形が完了したら、全データをコピーし、①のファイルにペーストするという方法が効率的と思われます。

②で例に挙げたファイルを整形した例が以下のものです。

仕訳日記帳整形後

全力法人税の汎用形式に仕訳日記帳データを整形するにあたっての注意点

⑴ 形式上の注意点

A列の日付は2020/2/10という形式となるようにしてください。

D列、J列、O列等の文字列に記号がある場合は、次の記号以外はエラーになります。

( ) ― % . , / ¥ ~ : % 半角スペース

⑵ 税抜経理方式を採用している場合の注意点

税抜経理方式を採用している場合の仕訳日記帳の整形にあたっては、全力法人税にインポートできるのは次の2パターンなので注意してください。

① 内税表記

次のように税額欄に消費税額が入り、金額については税込金額が入っている。

内税表記

借方金額:税込金額、借方税額:消費税額

このように内税表示になっているか、

または次の形式となっているか確認します。

② 仮払消費税等と仮受消費税等が別立てとなっている。

次のように仮払消費税等が仕訳としてあり実際の取引の金額は税抜金額となっていて、税額は空欄になっている。

消費税別立て

このように税抜経理方式を採用している場合は、①内税表記か②仮払消費税等と仮受消費税等が別立てとなっているかのいずれかの形式である必要があります。

そうなっていない場合は、インポートするにはどちらかのパターンに当てはまるよう整形し直す必要があります。

仕訳日記帳データの整形が済んだら全力法人税にインポートしていきます。

3 仕訳日記帳データのインポート

勘定科目データをインポートしない場合は、ここから操作開始になります。

⑴ 仕訳日記帳データのアップロード

メニューバー「インポートβ」>「会計データ取込」画面を表示します。

仕訳帳インポート画面(汎用)

❶ 「② 仕訳データインポート」タブをクリックする

❷ 「汎用形式」にチェックを入れる

❸ 「仕訳ファイルの取り込み」ボックスの「csv形式またはtxt形式のファイルをドラッグ&ドロップまたはクリックしてファイルを選択してください。」の箇所に前述の「2 仕訳帳データの整形」で作成したファイルを説明文どおりにドラッグ&ドロップ等してアップロードする

❹ 「取り込み開始」ボタンをクリックする

⑵ 正常に取り込まれると次の画面が表示されますので「登録する」ボタンを押します。

仕訳帳取り込み完了

⑶ ⑴の後、次のエラーが表示された場合には、メッセージのとおり対応する勘定科目または税区分を選択し、「登録する」ボタンを押してください。

データ取込

「不明な勘定科目」として挙がった勘定科目に近い科目を「変換する勘定科目」から選択してください。(「不明な勘定科目」が表示されるのは、勘定科目データをインポートしていない場合のみです。)

どのように変換していいかわからない場合は、次の記事をご参照ください。

不明な勘定科目を変換するときのコツ

「税区分」についても、同じものだと思われるものを「変換する税区分」から選択してください。(勘定科目データのインポートの有無にかかわらず表示されます。)

税区分変換

変換の選択が済んだら「登録する」ボタンを押します。

4 開始残高データのエクスポート

お使いの会計ソフトが、すべての仕訳日記帳のデータを移行させるにあたって開始残高データをエクスポートする必要がある場合は、会計ソフトのマニュアルを参照するなどして開始残高データをエクスポートしてください。

txt形式またはcsv形式で、文字コード(エンコード)は「Shift-JIS」である必要があります。

ツカエル会計を例にすると以下のように進めて行きます。

メニューバー「試算表」>「月次・期間」画面を開きます。

ツカエル試算表

会計年度開始月をクリックし、画面右上の「▼」をクリックし、「エクスポート」をクリックします。

試算表開始年月指定

「Shift-Jis」にチェック、「試算表」にチェック、「補助科目を出力する」にチェックを付し、「保存する」をクリックします。

エクスポート画面

出力されたcsvファイルをEXCELで開くと次のようなものとなっています。

ツカエル会計開始残高サンプル

5 開始残高データの整形

⑴ 全力法人税指定の様式をダウンロード

全力法人税に開始残高をインポートするための様式を入手します。

次のファイルをダウンロードしてください。

⑵ EXCELでファイルを整形します。

① EXCELでダウンロードした全力法人税の様式を開きます。

汎用開始残高様式

② 会計ソフトからエクスポートした開始残高データをEXCELで開きます。

ツカエル会計開始残高

③ ②のファイルを①の指定するとおりに整形します。

②のファイルをコピーして①にペーストしてから整形していきます。

ツカエル会計は開始残高のインポートは必要ありませんが、例としてファイルを整形すると以下のようになります。

整形後全力法人税汎用開始残高

C列の合計とD列の合計は一致している必要があります。

sum関数などを入れて両者の合計を出し、一致することを確認してください。

全力法人税の形式に整形ができたら開始残高データを全力法人税へインポートしていきます。

6 開始残高データのインポート

⑴ 全力法人税の会計データ取込画面を表示します。(メニューバー「インポートβ」>「会計データ取込」画面)

⑵ データをアップロードします。

開始残高インポート画面(汎用)

❶ 「② 仕訳データインポート」タブをクリックする

❷ 「汎用形式」にチェックを入れる

❸ 上記5「開始残高データの整形」で作成した開始残高ファイルを「開始残高取り込み」ボックスの「csv形式またはtxt形式のファイルをドラッグ&ドロップまたはクリックしてファイルを選択してください。」の箇所にドラッグ&ドロップ等し、アップロードする

❹ 「取り込み開始」ボタンを押す

⑶ 正常に取り込まれると次の画面になりますので、「登録する」ボタンを押してください。

汎用形式開始残高取り込みOK画面

⑷ 不明な勘定科目の変換

全力法人税の勘定科目に登録のない勘定科目がインポートされた場合に、不明な勘定科目があるとして次のようにエラーになります。(※勘定科目データをインポートしている場合にはエラーとなることはありません。)

「不明な勘定科目」として挙がった勘定科目に近い科目を「変換する勘定科目」から選択してください。

不明な科目変換(開始残高)

❶ 変換する勘定科目を選択する

❷ 「登録する」をクリックする

これで不明な勘定科目として挙がった勘定科目は、「変換する勘定科目」で指定した勘定科目に変換されて登録されます。

ここまでで全力法人税へ会計データを移行させる作業は完了です。

続いて、インポートが正しく行われたかを確認していきます。

インポート結果と会計ソフトの内容との一致を確認する

会計データのインポートが完了したら、

必ず全力法人税の残高試算表とお使いの会計ソフトから出力した残高試算表または決算書の内容が一致していることを確認してください!!

全力法人税の残高試算表を確認する

「② 仕訳データインポート」タブの「残高試算表を確認する」ボタンからインポート結果を必ずご確認ください。

残高試算表確認

または、メニューバー「インポートΒ」>「残高試算表」をクリックすることで確認できます。

残高試算表 貸借対照表

繰り返しますが、全力法人税の残高試算表とお使いの会計ソフトから出力した残高試算表または決算書の内容が一致するまで先に進まないようにしてください。両者が一致していないと正しい申告書を作成することができません。

会計データのインポートをやり直す方法

お使いの会計ソフトの仕訳帳を編集したなどの理由で会計データのインポートをやり直す場合は、次の点に注意してください。

取り込み済みデータの削除

次の方法で、取り込み済みのデータを削除してから前述のインポート作業をやり直してください。

インポートデータ削除

❶ 「② 仕訳データインポート」タブをクリックする

❷ 「取り込みデータ一括削除」ボタンを押す

未払法人税等の仕訳の削除

全力法人税の操作終盤の画面であるメニューバー「申告書」>「法人税等に関する仕訳の表示」画面の未払法人税等をお使いの会計ソフトの仕訳帳に登録している場合は、その仕訳を会計ソフトの仕訳帳から一旦削除してから、前述のインポート作業をやり直してください。

未払法人税等の仕訳

(「法人税等に関する仕訳の表示」画面)

未払法人税等の仕訳をお使いの会計ソフトの仕訳帳に登録していなければ、この操作は不要です。

ここまでで、仕訳日記帳のインポートに関する解説は終了です。

固定資産データのインポート

現在のところ仕訳日記帳のように全力法人税へ固定資産台帳のデータをインポートできるようにするための汎用の様式の提供はございませんので、固定資産台帳については、全力法人税上で手入力で登録していただくようお願いいたします。

プログラムたち
プログラムたち
プログラムたち
プログラムたち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加