弥生会計からデータをインポートする方法|全力法人税

弥生会計のデータを全力法人税へインポート(移行)する方法を解説します。

インポートした会計データを元に効率的に法人税の申告書を作成することができるようになります。

弥生会計から全力法人税へ移行させることができるデータは、仕訳日記帳と固定資産管理の2種類のデータです。

※インポートを実行する前に必ず「申告情報」(メニューバー「基本情報登録」→「申告情報」)画面で「会計期間」を入力してください。入力がないとインポートできません。

仕訳データのインポート(移行)

データの移行作業は下記の流れで行っていきます。

弥生会計からデータをエクスポート(取り出し)する→エクスポートしたデータを全力法人税へインポート(取り込み)する

弥生会計は仕訳日記帳と開始残高の2種類のデータを取り込む必要があります。

仕訳日記帳データの取り込み

まずは、日々の仕訳の記録である仕訳日記帳のデータを弥生会計からエクスポートしていきます。

※インポートをやり直す場合には、エクスポートする仕訳データに全力法人税で計算する当期の確定法人税額等の仕訳(メニューバー「申告書」>「法人税等に関する仕訳の表示」に表示される仕訳)を含めないことにご注意ください。

1 仕訳日記帳データをエクスポート

⑴ ナビゲータ画面から「仕訳日記帳」を開く

(弥生)メニュー

⑵ 「ファイル」→「エクスポート」を選択 

インポート

※注意事項

  •  全仕訳(決算仕訳を含む)を表示させておくこと
  •  全仕訳には全力法人税で計算する確定法人税額等(中間税額は含まない)の仕訳を含めないこと

⑶ 書式を「汎用形式」、区切り文字を「カンマ(CSV)形式」を選択、「出力先」は自由に指定し、「OK」

インポート3

出力先はどこでも構いませんが、すぐ使用するのでデスクトップにしておくことをおすすめします。

これで仕訳日記帳のデータをエクポートできました。続いて、エクスポートしたデータを全力法人税に取り込みます。

2 仕訳日記帳データのインポート

全力法人税の会計データ取込画面を表示します。(最初から「次へ」ボタンを押して進めていくとこの画面に移ります。また、メニューバーに「インポート」というメニューがある場合にはそのメニューの「会計データ取込」から移動できます。)

⑴「弥生」にチェックを入れ、「仕訳ファイルの取り込み」ボックスの「csv形式またはtxt形式のファイルをドラッグ&ドロップまたはクリックしてファイルを選択してください。」の箇所に1でエクスポートしたファイルを説明文どおりにドラッグ&ドロップ等してください。

インポート21

⑵ 正常に取り込まれると次の画面が表示されますので「登録する」ボタンを押してください。

スクリーンショット 2016-06-20 11.49.00

⑶ ⑴の後、次のエラーが発生した場合には、メッセージのとおり対応する勘定科目または税区分を選択し、「登録する」ボタンを押してください。

データ取込

※弥生会計で独自の勘定科目を設定したときなどにこのエラーが発生します。

これで仕訳日記帳のデータの取り込みが済みました。続いて開始残高のデータを取り込みます。

開始残高データの取り込み

まずは、弥生会計から開始残高のデータをエクスポートします。

※設立1期目は開始残高を取り込む必要がありませんので、開始残高データの取り込みは不要です。

1 開始残高のエクスポート

⑴ 「集計」→「残高試算表」→「月次・期間」を選択

インポート4

⑵ 「ファイル」→「エクスポート」を選択

インポート5

⑶ 「書式」を「汎用形式」に、「区切り文字」をカンマ(CSV)形式に、「出力先」は自由に指定し、「出力対象」を「貸借対照表」にチェックし、「月次一覧表を出力する期間」を期首の月(例では4月)を選択し、「OK」

インポート6

これで科目別の期首残高をエクスポートできました。引き続き、補助科目別の期首残高データをエクスポートします。

2 補助科目別の期首残高データのエクスポート

⑴ 「集計」→「補助残高一覧表」→「月次・期間」を選択

インポート7

⑵ どれでもいいので「勘定科目」を選択し、「ファイル」から「エクスポート」を選択する

インポート8

⑶ 「書式」を「汎用形式」に、「区切り文字」を「カンマ(CSV)形式」に、「出力先」は自由に指定し、「出力する勘定科目」を「すべての勘定科目を出力する」を選択、「月次一覧表を出力する期間」は期首の月を選択し、「OK」

インポート10

補助科目別期首残高データをエクスポートできました。これで開始残高に関するデータのエクスポートができましたので、続いて全力法人税へエクスポートしたデータをインポート(移行)します。

3 全力法人税へのインポート

⑴全力法人税の会計データ取込画面を表示します。

⑵「弥生会計」にチェックを入れ、1でエクスポートした開始残高のファイルを①に、2でエクスポートした補助科目のファイルを②にドラッグ&ドロップ等し、「取り込み開始」ボタンを押してください。

インポート22

⑶正常に取り込まれると次の画面になりますので、「登録する」ボタンを押してください。

スクリーンショット 2016-06-20 12.07.24

これで仕訳データに関するデータのインポートが完了しました。

取り込んだ内容を「残高試算表を確認する」ボタンからご確認ください。

固定資産データのインポート

続いて固定資産を保有している場合は減価償却に関する申告書を作成するために、弥生会計の固定資産台帳のデータを全力法人税へインポートする必要があります。

弥生会計の固定資産データをエクスポート(取り出す)

1 ナビゲータ画面の「決算・申告」から「固定資産管理」を開く

2 「ファイル」→「エクスポート」を選択

インポート11

3 「書式」は「汎用形式」を、「区切り文字」は「カンマ(CSV)形式」を選択し、「出力先」は自由に指定して「OK」

インポート12

※出力先は出力したファイルをすぐ使用することからデスクトップにしておくことをおすすめします。

これで固定資産データをエクスポートすることができました。引き続き、全力法人税へエクスポートしたデータをインポートします。

全力法人税へインポート

1 全力法人税の会計データ取込画面を表示し、タブ「固定資産データインポート」をクリックしてください。

2 「弥生」を選択し、「csv形式またはtxt形式のファイルをドラッグ&ドロップまたはクリックしてファイルを選択してください。」にエクスポートした固定資産に関するファイルをメッセージのとおりドラッグ&ドロップ等してください。

インポート24

3 正常に読み込まれると次の画面が表示されるので「登録する」ボタンを押してください。

スクリーンショット 2016-06-20 12.30.25

これで、固定資産に関するデータの取り込みが完了しました。

メニューバーの「固定資産台帳」から取り込んだデータの内容を確認してください。

なお、取り込んだデータの中に一括償却資産がある場合には必ずその内容を確認するようお願いします。弥生会計の出力データの形式上推測して減価償却費を計算しているため、弥生会計のデータと内容が異なる場合があります。

以上で弥生会計から全力法人税へのデータ移行作業はすべて完了しました。

法人税の知識なしで法人税の申告書を作成する税務ソフト「全力法人税」はこちら

>>  https://japanex.jp/HojinFinalReturns

プログラムたち
プログラムたち
プログラムたち
プログラムたち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加