eTaxソフトを使って法人税の電子申告を行う方法|事前準備編

e-tax

 

ここでは、法人が国税に関する申告、届出等をインターネットを通じて電子的行うための事前準備までを解説します。

具体的には、国税について電子申告を行う場合、電子申告に対応している市販の税務ソフトを使用しない場合、国税庁が提供しているeTaxソフトを使って行う必要があります。今回の記事では、法人が確定申告等を電子申告するために、そのeTaxソフトを使えるようにするまでの手続きの方法を解説していきます。

法人の使用を前提していることにご注意ください。

また、電子申告をするために必要なeTaxソフトは、windowsにしか対応していません。Macしかお持ちでない場合は、電子申告ができないことを冒頭でお伝えしておきます。

正確にはwindows以外でもeTaxソフト(web版)を利用することで、一部の申請等は可能ですが、確定申告をすることはできません。

etaxソフト(web版)でできることの詳細は次のページをご覧ください。

(参考)etaxソフト(web版)で利用可能な手続き

これ以外の手続きはこれからインストールするweb版でないeTaxソフトでしかできません。確定申告をするにはwindowsでeTaxソフトをインストールして行うより他ありません。

最初にeTaxソフト利用のための環境についての詳細について、次のリンクを確認しておきましょう。この環境を準備する必要があります。

システム利用のための環境等(国税庁)

 

e-Tax(イータックス)とは

 

e-Taxとは、国税に関する申告や申請、届出等の各種の手続について、インターネット等を利用して電子的に手続きが行えるシステムをいいます。

申告をe-Taxでする、といった表現で使われたりします。

それでは、e-Taxというシステムはどのようにすれば使えるようになるのでしょうか。

 

e-Taxの利用の流れ

 

e-Taxを利用して電子申告を行うまでのおおまかな流れは次のようになります。

 

電子証明書とICカードリーダライタの入手

e-Taxの開始届出書を提出

eTaxソフトのダウンロード・インストール

eTaxソフトで申告書を作成送信

 

今回はeTaxソフトのダウンロードまでの手続きについて解説します。

それでは、一つずつそれぞれの手続きについて、解説していきます。

 

⒈ 電子証明書を入手・セットアップ

 

電子証明書がなぜ必要なのか

 

国税について電子申告する場合は、電子証明書の取得が必須になります。

電子申告を行うには、利用者本人であることの確認とデータの改ざんの有無を確認するために電子署名を付す必要があります。

その電子署名を付すためには、電子証明書が必須なのです。

法人がe-Taxで国税の申告や申請行う場合には、原則法人代表者の電子署名が必須になります。(または、法人の代表者から委任を受けた者(法人の役員および職員に限る)の電子署名でも構わないことになっています。詳しくはこちら。)

それでは、その電子証明書はどのように取得すればよいのか。

 

電子証明書の入手方法

 

ここでは、電子証明書の一般的な入手方法として、マイナンバーカードを取得する方法をご紹介します。(マイナンバーカード以外の取得方法等の詳細はこちらをクリック

ちなみにマイナンバーカードの交付申請に係る手数料は、当面は無料ですが、例えば商業登記認証局の場合は、証明期間が12か月の場合、7,900円となっています(執筆現在)。このような理由でマイナンバーカードを取得するのが一般的となっています。

マイナンバーカードを作成すると、カードの中に電子証明書が記録されています。つまり、マイナンバーカードを作成すれば、電子証明書も同時に入手することができます。

マイナンバーカードの入手方法については、「マイナンバーカードの交付申請」ページから行えます。よくわからない場合は、お住いの自治体へお問い合わせください。

例えば横浜市で申請する場合は、次のようなに案内がされています。

マイナンバーカードの申請方法(横浜市HP)

横浜市の場合は、窓口、郵送またはインターネットで申請し、その後概ね1ヶ月(場合により2ヶ月)程度で、区役所からカードの受け取り方法を記載したはがきが送られてくる。そのはがきを区役所に持参して交付を受けるという流れになっています。

申請から受け取りまで1〜2ヶ月程度かかるケースがあるとのことですので、申告期限から逆算して早めの申請が寛容です。

 

⒉ ICカードリーダライタを用意する

 

ICカードリーダライタを入手

 

マイナンバーカード(ICカード)に記録された電子証明書で電子署名を行うには、ICカードリーダライタが必要になります。

具体的的には、ICカードリーダライタにマイナンバーカードをさし、パソコンに繋げて、電子署名をすることになります。

ICカードリーダライタのご用意(公的個人認証サービスポータルサイト)でマイナンバーカードに対応したICカードリーダライタが紹介されていますので、こちらから対応するカードリーダライタを選び、用意します。

マイナンバーカードに対応したICカードリーダライタ一覧

 

ICカードリーダライタのドライバをインストール

 

ICカードリーダライタを使用するためには、お使いのパソコンにドライバのインストールが必要になります。購入したICカードリーダライタの説明書き等でドライバのインストールの方法を確認し、インストールします。

 

利用者クライアントソフトのダウンロード

 

ICカードリーダライタのドライバを用意したら、電子証明書を利用するためのパソコン側のセットアップを行います。利用者クライアントソフトをインストールします。

利用者クライアントソフトとは、公的個人認証サービスを利用した行政手続き等を行うときにマイナンバーカード(ICカード)に記録された電子証明書を利用するためのソフトウェアです。(公的個人認証サービスポータルサイト

 

利用者クライアントソフトのダウンロードをクリックします。

 

jpkiwindowsご利用の方

「Windowsをご利用の方」をクリックします。

 

 

jpki利用環境

画面上部で動作環境を確認し、画面下部でインストールを開始します。

jpkiクライアントソフトダンロード

「利用者クライアントソフト Ver3.3ダウンロード」をクリックし、インストーラーをダウンロードします。

ダウンロードした利用者クライアントソフトのインストーラーをダブルクリックするとインストールが開始されます。画面の案内にしたがってインストールを完了させます。

インストール方法の詳細についてはこちらをクリック

 

これで電子証明書を利用可能なパソコン内の環境が整いました。

 

⒊ e-Taxの開始届出書を提出する

 

続いて、e-Taxの使用を開始することを国税庁に届け出ます。

e-Taxの開始届出書を提出するにあたっての事前準備については、次の国税庁のページで解説してあります。

e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナー【事前準備】

ここでは、eTaxソフトで法人税の申告書等を提出する目的で開始届出書を提出するので、windowsで行う方法に絞って抜粋して解説します。以下の説明で不明な部分が出てきた場合は、上記サイトで詳細をご確認ください。

 

⑴ 利用規約を確認する

 

e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナーを利用するに当たってにアクセスします。

 

etax準備利用規約確認

 

「国税電子申告・納税システムの利用規約」e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナーの利用規約」をそれぞれ確認します。

 

⑵ 利用環境を確認する

 

etax準備利用環境の確認

 

続いて「⑵利用環境の確認」に進みます。

前述のとおり法人税の申告は、windowsのみで動くe-Taxソフト(DL版)のみの対応になるので「windowsをご利用の方」の内容を確認します。

 

⑶ ルート証明書・中間証明書をダウンロード・インストール

 

etax準備ルート証明書等のインストール

 

「⑶ルート証明書等のインストール」に進み、❶「Windowsをご利用の方へ」をクリック → ❷ 「ルート証明書・中間証明書インストーラ」をクリックし、インストーラをダウンロードします。

 

ダウンロードしたインストーラを起動します。

インストーラ

「インストール」をクリックします。

 

 

インストールが終了すると、処理結果が表示されるので、指示のとおり「エンターキー」を押します。

処理結果

 

これでルート証明書のインストールが完了しました。

 

⑷ 信頼済みサイト・ポップアップブロックの許可サイトへ登録

 

Microsoft Windows 7、8.1とInternet Explorer 8 以降ではセキュリティ機能が強化されていおり、e-Tax関係のURLをinternet Explorerの信頼済みサイト及びポップアップブロックの許可サイトに登録しないと正しく動作しない場合があるため、次の作業を行います。

 

etax準備信頼済みサイト登録

 

「信頼済みサイト登録ツール」をクリックし、インストーラをダウンロードします。

 

 

❷ ダウンロードしたインストーラを起動します。

信頼済み登録ツール 登録する

「登録する」をクリックします。

 

 

信頼済み登録ツール 完了

「完了」をクリックします。

 

⑸ 届出書の選択

 

「⑷利用可能時間」を確認後、最後に次の方法で開始届出書を提出します。

 

etax準備届出書の選択

 

❶ 「届出書の選択」をクリックします。

 

 

❷ 作成・送信する開始(変更等)届出書の選択

 

etax準備開始届出書選択

 

画面下部の「開始届出書(法人用)新規」をクリックします。

 

 

❸【ご利用になる前に】画面

開始届出 新規

「次へ」をクリックします。

 

 

❹【法人名称等の入力】画面

開始届出 法人名称等の入力

画面の案内に従って法人名称等の情報について必要事項を入力し、「次へ」をクリックします。※必須の部分は必ず入力が必要です。

 

 

❺【代表者情報の入力】画面

開始届出 代表者情報の入力

画面の案内に従って代表者の情報について必要事項を入力し、「次へ」をクリックします。

 

 

❻【暗証番号等の入力】画面

暗証番号等の入力

暗証番号等の入力2

画面の案内に従って暗証番号等について必要事項を入力し、「確認」をクリックします。

 

 

識別番号発行確認

利用者識別番号を発行していいかの確認が入ります。ここでは新規に取得する方が対象ですので、「OK」をクリックします。

万が一以前すでに利用者識別番号を発行している場合は、変更届出になりますので、「変更届出(法人用)利用者識別番号や暗証番号をお忘れになった方」をクリックして、利用者識別番号や暗証番号を確認するようにしてください。

 

 

❼【入力内容の確認】画面

入力した内容を確認し、よければ「送信」をクリックします。

「表示された内容で送信してもよろしいですか?」と確認されますので、「OK」をクリックします。

 

 

❽【利用者識別番号等の通知】

利用者識別番号等の通知

データが受け付けられ、利用者識別番号が発行されます。

e-Taxを利用するのにこの「利用者識別番号」と「暗証番号」が必ず必要になります。

この画面は再度表示することはできませんので、「印刷」または「保存」をクリックし、確実に保存します。

 

⒋ eTaxソフトをインストールする

 

いよいよ本丸のeTaxソフトのダウンロードです。

ダウンロード前に、ダウンロードコーナーの利用規約に目を通しておきましょう。

 

⑴ eTaxソフトのダウンロード&インストール

 

eTaxソフトダウンロードコーナー」にアクセスします。

 

etaxソフト ダウンロード

❶ 「【STEP1】 e-Taxソフトのダウンロード」をクリック → ❷「e-Taxソフト (共通プログラム)インストーラ」をクリック。

 

 

ようこそ

「次へ」をクリックします。

 

 

使用許諾書

❶「使用許諾書の全条項に同意します。」にチェック → ❷「次へ」をクリック。

 

 

インストール先の選択

「次へ」をクリックします。

 

 

インストール

「インストール」をクリックします。

 

 

インストール完了

 

これで、eTaxソフト のインストールは完了です。

 

⑵ eTaxソフトで使用する税目を設定する

 

法人税の確定申告を例にして説明します。

eTaxソフトを起動します。

 

etaxソフト バージョン確認

eTaxソフトを起動すると、「バージョンアッププログラム接続確認」画面が表示されるので、「OK」をクリックします。

 

 

etaxソフト 追加インストール

税目を追加する必要があるので、「追加」インストールをクリックします。

 

 

【法人税】

追加インストール税目選択

法人税の電子申告を行う場合は、「法人税・地方法人税」をクリックし、申告の対象となる事業年度分にチェックを付し、「インストール」をクリックします。

全力法人税が法人税のetaxソフト用ファイルを出力できるのは「平成31年4月1日以降終了事業年度分」以降です。

 

【消費税】

消費税税目インストール

消費税の電子申告を行う場合は、「消費税」をクリックし、申告の対象となる事業年度分にチェックを付し、「インストール」をクリックします。

全力法人税が消費税のetaxソフト用ファイルを出力できるのは令和元年(2019年)10月1日以後開始の課税期間分です。

 

 

etaxソフト 税目追加実行

「実行する」をクリックします。

 

 

税目インストール完了

 

パソコンのデスクトップにeTaxソフトのショートカットが作成されます。

eTaxソフトのインストールが完了しました。

 

⒌ eTaxソフトの初期設定をする

 

次にeTaxソフトの初期設定を行います。

eTaxソフトを起動します。

初めて起動すると次の画面が表示されます。

 

etaxソフト 利用者ファイル作成

「マイナンバーカードを利用しない」を選択し、「次へ」をクリックします。(法人はマイナンバーカード方式には対応していません。)

 

 

etaxソフト 利用者識別番号入力

「利用者識別番号」欄に、開始届出書の提出で取得した利用者識別番号を入力し、「利用者名」欄に、法人名を入力し、「保存」をクリックします。

 

 

etaxソフト 利用者ファイル保存

保存先を指定し、必要に応じてファイル名を変更し、「保存」をクリックします。

利用者ファイルが保存され、メイン画面が表示されます。

 

eTaxソフトを2度目以降に起動する場合は、次の画面が表示されます。

etaxソフト 利用者ファイル選択

「過去に開いた利用者ファイル一覧から選んで開く」を選択し、一度開いたファイルを選択し、「OK」をクリックします。

これで法人税・地方法人税をeTaxソフトで電子申告する準備の完了です。

長い長い設定お疲れ様でした。

この後は、eTaxソフトで申告書等を作成し、電子署名をし、送信するという作業をすることで電子申告をすることができます。

詳しい操作方法のリンクを貼っております。

eTaxソフト操作マニュアル

 

執筆者 ジャパンネクス株式会社代表 / 税理士 / 元国税専門官 / 海野 耕作

コメント

タイトルとURLをコピーしました