0からわかる売上原価の求め方〜売上原価の計算式とは〜

売上原価

 売上原価の計算式とは

結論から言いますと、売上原価は次の計算式で求めます。

【商品販売の場合】

期首商品棚卸高 + 仕入高 ー 期末商品棚卸高 = 売上原価

【製造業の場合】

期首製品棚卸高 + 製造原価 ー 期末製品棚卸高 = 売上原価

 売上原価を求める手順

具体的には、次の二つの段階を経て原価を求めます。

  1. 債務を確定させる
  2. 売上に対応する原価だけを抜き出す(費用収益対応の原則)

まず、「⒈債務を確定させる」から見ていきましょう。

⒈  買掛金、未払金、未払費用を拾い出す

「債務を確定させる」とは、つまり

「会社が支払うべき債務で決算期末までに確定しているものをすべて拾い出す」

ということです。

これについては「0からわかる買掛金、未払金、未払費用とは〜買掛金の内訳書の書き方〜」で詳しく解説していますので、そちらを参照してください。

⒉ 売上に対応する原価だけを抜き出す

債務が確定できたら次に、売上に対応する原価を抜き出します。これが今期の売上原価になるわけです。

詳しく見ていきましょう。

 【最重要】費用収益対応の原則

会計の考え方の一つに「費用収益対応の原則」というものがあります。費用収益対応の原則とは

ある会計期間に発生した費用のうちその会計期間の収益獲得に貢献した費用だけをその期間の費用とする

という考え方です。これは自力で経理をしていく上で最重要の会計の考え方になりますので必ず覚えましょう。この考え方が常識となるまで染み込ませてください。

逆を言えば「今期の収益獲得に貢献しない費用は今期の費用から除く」ということになります。

売上に対応する原価だけを抜き出すとは、最初に記した計算式の期末棚卸高の部分を差し引くことによって導きだします。

期首商品棚卸高 + 仕入高 ー 期末商品棚卸高 = 売上原価
期首製品棚卸高 + 製造原価 ー 期末製品棚卸高 = 売上原価

具体的に説明しましょう。

期首に商品が倉庫に20個あったとしましょう。今期中に110個仕入れ、期末の時点で倉庫に30個残っていたとします。商品の仕入値が100円の場合、当期の売上原価はいくらになるでしょう。

答えはこうです。

今期中に売ることができた商品数は期首に倉庫にあった20個と今期中に仕入れた110個の合計130個です。これが全部売れたのでしょうか?

まだ倉庫に30個残っています。つまりこの30個は売れていないのですから売上に貢献していません。したがって、この30個は売上原価から除かなくてはいけません。ですから当期中の売上原価は次のようになります。

(20 + 110 – 30 )個 × 100円 = 10,000円

 なぜ棚卸しをするか

売上に対応する原価を抜き出すために期末棚卸高を差し引くというのは裏を返せば、なぜ棚卸をするのかという問いに答えることになります。

もうお分りだと思います。そう、当期の売上原価がいくらになるかを算出するために棚卸しをするのです。棚卸しをしなければ売上原価がわからないのです。それだけ大事な作業だといえます。

 まとめ

売上原価の求め方について解説しました。お分かりになりましたでしょうか。今回の重要なポイントは次の2つです。

  • 売上原価を算出するには期末棚卸高を差し引くということ
  • 費用収益対応の原則

会計をやっていくにあたって費用収益対応の原則の考え方はマストです。逆にこの感覚を持っていると経理処理の際にかなり役に立ちます。

例えば10年分前払した地代をすべて今期の費用として良いでしょうか?いや今期に関係しない9年分は今期の売上に貢献していないのだから除かないといけない、と気づくでしょう。実際は前払費用として資産計上するわけですが、この考え方はあなたの羅針盤となり感覚的に気づくようになるのです。

執筆者 ジャパンネクス株式会社代表 元国税調査官 税理士 海野 耕作

プログラムたち
プログラムたち
プログラムたち
プログラムたち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加