法人事業概況説明書を無料で作成する最善の方法とは

 

事業概況説明書を無料で作成.001 (1)

 

法人事業概況説明書を最も効率的に、そしてもっとも経済的に作成するにはどうしたらよいか。今回はその両方のニーズを満たす税務ソフトを紹介します。エクセルはとっくに時代遅れです。

法人事業概況説明書がどのような性質のものかについては次の記事ですでに説明しているところですので、法人事業概況説明書がどのようなものかを知りたい方はまずはこちらを先にお読みください。

法人事業概況説明書の書き方入門 記載例あり 元国税調査官が解説
法人事業概況説明書とはどんな書類か。からその書き方、記載例、そして法人事業概況説明書を効率的に作成するために無料ソフトの紹介まで元国税専門官・税理士が0から全部解説。この記事を読んで法人事業概況説明書をサクッと作ってしまいましょう。

 

法人事業概況説明書を作成する最良の方法とは(無料)

 

エクセルで無料のテンプレートがないかを探していた方も多いのではないでしょうか。

結局無料で優良なものがなくこのサイトに辿り着いたなんてことも相当数あるのではないかと思います。また、エクセルをそもそも入れていない方もいらっしゃいます。

エクセルで作成することをもう考えなくなるような最良の方法をご紹介します。

無料でこれ以上優れたソフトを私は知りません。

それは

全力法人税(←クリックで全力法人税のページへジャンプ)

です。

法人税の知識がなくてもかんたんに法人税の申告書が作成できるというものをコンセプトとしたソフトです。かなりの高機能にもかかわらず無料で利用できます。これほど高機能で無料で利用できるものを他に知りません。これまでアカウントの登録数は16,000を超えています。

元国税調査官・税理士が監修しており、お客様レビューでの高評価数550件越えで信用できます。

全力法人税レビュー

全力法人税レビューページ

 

全力法人税で作るメリット

 

エクセルや他の税務ソフトではなく、全力法人税で法人事業概況説明書を作成するメリットを見ていきましょう。

 

1 クラウドだからインストール不要

エクセルやアクセスといった計算ソフトを持っている必要もありませんし、ソフトそのものが不要です。

インターネットエクスプローラーやSafari、ChromeやFireFoxといったインターネットを見るためのブラウザさえあればどんな場所からでも、またWindowsでもMacを問わず操作することが可能です。

 

2 データのクラウド化

法人事業概況説明書は毎年変更のない箇所が多くありますので、手書きは全く非効率です。データは保存しておきたいものです。全力法人税はクラウドにデータを保存しますので、自分のパソコンなどに保存する必要がないため、どんな場所からでも自分のデータにすぐにアクセスできます。

 

3 弥生会計、freee、MFクラウド会計、その他の会計データを取り込み可能

もしあなたが弥生会計(オンラインを含む)、freeeまたはMFクラウド会計(マネーフォワード)をご使用の場合にはその会計データを取り込んで法人事業概況書にそのデータを反映させることができます。

すると、法人事業概況説明書の10主要科目と18月別の売上高等の状況の入力を省略でき、かなりの時間を削減できます。

以上が主要なメリットですが、このようなソフトが存在することでエクセルで作成するメリットはほとんどなく、すでに前時代的なものとなっていることがお分かりいただけると思います。

続いて、全力法人税で法人事業概況説明書を作成する具体的な方法を解説していきたいと思います。

 

全力法人税で法人事業概況説明書を無料で作成する方法

 

まずは全力法人税にアクセスしていただき、新規アカウント登録をする必要があります。

アカウント登録は、全部の書類を印刷したい場合にのみ有料会員となる必要があるだけで、それ以外の機能はすべて無料で利用できます。

アカウント登録はこちらをクリックしてすぐにできます。

 

1 ログインする

 

アカウントを作成したら、全力法人税にログインします。

全力法人税ログイン画面はこちら

 

2 ホーム画面で「申告書を作成する」を選択

 

ログインすると「ホーム」画面に遷移しますので、「申告書を作成する」ボタンを押します。

 

 

3 基本情報登録を入力→保存→「次へ」ボタンを押す

 

❶「基本情報登録」画面に移りますので、フォームに必要事項を入力して「保存」します。

❷ 「次へ」ボタンを押します。

 

基本情報登録画面

 

法人事業概況説明書を作成するだけなら「業種番号」はわざわざ調べる必要はありませんので2桁の適当な数字を入力しておきましょう

 

4 申告情報を入力→保存

 

「株主(社員)名簿」画面に遷移した場合は、「次へ」ボタンを押して飛ばします。(この画面は法人税の申告書別表2「同族会社の判定明細書」を作成する画面ですが今回は必要ありませんので飛ばします。)

「申告情報」画面に遷移しますので、フォームに必要事項を入力し、「保存」します。

 

申告情報入力画面

 

法人事業概況説明書を作成するだけなら経理責任者と決算確定年月日は関係しないので適当なものを入力しておくでも構いません。

 

5 会計ソフトのデータをインポート

 

もし弥生会計(弥生オンラインを含む)、freeeまたはMFクラウド会計をご使用の場合には次の方法で会計データを取り込むことができます。(全力法人税指定の様式に会計データを加工すれば他の会計ソフトのデータを取り込むことができます。)

 

⑴ 上記4の保存が終わったらメニューバーの「基本情報登録」の「申告書作成方法選択」を選択する

「申告書作成方法選択」画面

 

⑵ 「①弥生会計・マネーフォワード・freeeの会計データを取り込む」を選択

申告書作成方法選択画面

 

⑶ 各会計ソフトのデータ取り込み方法については次の記事を参照

弥生会計からデータをインポートする方法|全力法人税

freee(フリー)の会計データをインポートする方法|全力法人税

マネーフォワードの会計データをインポートする方法|全力法人税

弥生会計オンラインからデータをインポートする方法|全力法人税

あらゆる会計ソフトの会計データをインポートする方法

 

6 事業概況説明書登録

 

メニューバーの「申告書」の「事業概況説明書1」を選択する。

事業概況説明書1選択

 

事業概況説明書の入力フォームは下記画像の緑のタグにあるように「基本情報」と「事業の状況」、「決算の状況等」の3つに分かれています。「基本情報」を入力し、保存後「次へ」ボタンを押すと「事業の状況」画面へ遷移します。そのように3つの画面上のフォームに必要事項を入力し、保存してください。

 

business_instruction1

 

会計データをインポートしていれば、「会計データ読込」ボタンを押せばあっという間に事業概況説明書の「10 主要科目」「18月別の売上高等の状況」が出来上がり!

 

「10 主要科目」該当部分

事業概況説明書 会計データ取り込み

 

「18月別の売上高等の状況」該当部分

PDF出力

 

すべて入力が終わったら事業概況説明書作成画面の一番下にある「PDF出力」ボタンを押せばPDFで事業概況説明書が出力されます。

 

今回作成したデータは次の事業年度に繰越しを行うことで毎年ほとんど変更の必要のないデータは自動で繰り越されますので次年度以降の作成コストは大幅に削減されサクッと作ることができます。

 

以上が全力法人税での法人事業概況説明書の作成方法になります。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。ブラウザ上で動くため、インストール不要、データを保存しておく手間もなく、会計データも取り込めるという優れもの、これが無料で使えるのです。エクセルを使っている場合ではないことを理解していただけたかと思います。

小規模企業の会社さんは法人税の申告書の作成にお金も時間もかけられないと思います。このようなソフトを見つけることが申告書作成という面倒な作業を効率的に行う最大のポイントになります。こういったソフトを見つけた時点で仕事の半分は終わったと言えるのではないでしょうか。

テクノロジーの力を借りて効率的に面倒な事務をどんどん攻略していきましょう。

 

執筆者 ジャパンネクス株式会社代表 元国税調査官 税理士 海野 耕作

コメント

タイトルとURLをコピーしました