法人税

申告書類を作成する方法

給与支払事務所等の開設届出書の書き方|無料作成ツールあり(H31様式対応)

給与等の支払事務を取り扱う事務所等を開設した場合には、その開設した日から1か月以内に「給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書」をその給与支払事務所等の所在地の所轄税務署に提出する必要があります。 ※支店の従業員の給与の支払事務を支店...
申告書類を作成する方法

法人設立届出書の書き方・記入例〜無料作成ツールあり(H31年様式対応)〜

法人設立届出書は、法人を設立したら必ず提出が必要な届出です。 設立の日以後2ヶ月以内に提出する必要があります。 2ヶ月以内に提出しないことにより、罰則はありませんが、忘れていたら速やかに提出しましょう。 それでは、...
申告書類を作成する方法

法人設立時に必要な届出のすべて〜無料作成ツールあり(H31様式対応)〜

法人の設立登記を済ませたら、税務署やその他の官公庁に様々な書類を提出する必要があります。 どのような書類をどこに提出するのかをご説明します。 そして必要な種々の届出書類を無料で簡単に作成するツールを紹介します。 作...
繰延資産

実務で税務上重要な繰延資産は創立費、権利金の2つだけ!元国税・税理士が解説

元国税調査官・税理士が解説。実務でよく登場する繰延資産は創立費と権利金だ。創立費は会社設立前に支出する費用なので、法人であれば必ず支出がある。税務上の繰延資産である権利金は事務所を借りるときに支出するので頻出する。その定義、償却方法、節税策等を解説。
その他

確定申告書を郵送する場合に消印が有効なケース

確定申告書を窓口まで行かず郵送するケースがあると思います。期限内申告になるためには税務署に到着した日が提出日になるのでしょうか。それとも消印が提出日になるのでしょうか。  確定申告書の提出は郵便の消印で判断 確定申告書を郵送した...
その他

法人税・地方税申告書の添付書類・綴じ方・提出先・提出の仕方

 申告書の添付書類とその綴じ方  法人税申告書の添付書類と綴り方  添付書類 法人税の確定申告書(別表)に添付する書類は次のとおりです。 決算書(貸借対照表・損益計算書・販売費及び一般管理費の内訳書・株主資本等変動計算書...
法人税決算申告初心者マニュアル

法人の決算・確定申告を自分でするための初心者マニュアル

 はじめに このサイトでは元国税調査官・税理士が中小規模の同族会社を対象に自力で決算を組み、法人税の確定申告書を自分で作成するために必要な情報を惜しみなく提供します。 法人税のことを知らなくても確定申告ができるでしょうか...
売上原価

実務での棚卸資産の評価方法は最終仕入原価法一択!元国税・税理士が解説

元国税調査官・税理士が解説。中小規模の法人では棚卸資産の評価方法は最終仕入原価法だけ知っていれば十分。税務署に事前に届け出を出していなければ最終仕入原価法で評価しなけれならない。そして最終仕入原価法が最も簡単に評価できる。
売上原価

0からわかる売上原価の求め方〜押さえるべき2つの重要ポイント〜元国税・税理士が解説

元国税調査官で税理士が解説。売上原価は売上高に直接貢献する費用をいう。商品の仕入れが代表例だ。売上原価の求め方は「期首商品棚卸高+仕入高ー期末商品棚卸高」期末商品棚卸高を差し引くところが肝だ。これを理解するには費用収益対応の原則を理解することが肝要だ。
タイトルとURLをコピーしました